WordPress

『Xserver』へ『WordPress』をインストールする手順

エックスサーバーへのワードプレスインストールは、何度もやっていますが、久しぶりに行うとキレイに忘れてしまいます。きっと、脳ミソのキャッシュスペースが小さいからなので、次回に備え、メモしておきたいと思います。

ドメイン設定

エックスサーバー|高速・安定の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー|高速・安定の高性能レンタルサーバー

高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバー【エックスサーバー】稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る高品質レンタルサーバーです。月額693円(税込)か ...

www.xserver.ne.jp

WordPressのインストールは『サーバーパネル』から行うので、まずはログインします。

ドメインとサーバーを紐付けする必要があるので『サーバーパネル』⇒『ドメイン』⇒『ドメイン設定』へ進みます。

取得済みのドメインを『ドメイン名』欄へ入力し『確認画面へ進む』をクリック。

追加確認が出るので『追加する』をクリックします。

ちなみに『https』で運用したいので『無料独自SSL』は『追加』としています。『Xアクセラレータ』はサイト構築後の接続状況によりますが、このまま進めます。

追加完了のお知らせと、設定内容が表示されます。

『ドメイン設定一覧』を見ると、無事に追加されていました。
しかし『反映待ち』となっておりしばらく時間が掛かります。

初めて登録した時は、この時点でドキドキしたものでした(#^^#)

データベース(MySQL設定)

WordPressは、システム『PHP』とデータベース『MySQL』の2つの仕組みで動くので『MySQL設定』にも登録が必要です。『データベース』⇒『MySQL設定』へ進みます。

上部バーの『MySQL追加』を表示させ『MySQLデータベース名』を入力します。好きな名前に出来ますがサイト階層のディレクトリ名になる為、後から気軽に変更出来ないので適当に付けると後悔します。

『確認画面へ進む』で登録します。

追加完了確認が出ます。

『MySQLユーザー追加』より『MySQLユーザーID』を登録します。

ここの意味は『ID』と『パスワード』で権限を持たせた『ユーザーID』を作り、ドメインに割り当てる仕組みです。一つ作って複数サイトへ割り当てることも、複数作ってサイトごとに分けて割り当てることも可能です。

『MySQL一覧』の『アクセス権所有ユーザ』で、先ほど作った『MySQLユーザーID』を割り当てます。『アクセス権未所有ユーザ』から『アクセス権所有ユーザ』へ権限が移れば完了です。

WordPressのインストール

ドメイン登録が完了したら、WordPressのインストールへ進めます。『サーバーパネル』⇒『WordPress』⇒『WordPress簡単インストール』へ進めます。

これから作成するホームページのドメインを選択して下さい。

インストール前に必要事項の入力をします。

サイトURL

基本的には空欄で『〇〇〇.com』のみでOK。
特例としいて『〇〇〇.com/〇〇〇』のように分割目的の場合もあります。

ブログ名

ブログタイトルですが、後から変更可能なので適当でOK。

ユーザー名

今後のブログ構築は、サイト内への直接ログイン状態で行う為、そのログイン時に使う名前です。

パスワード

ユーザー名同様、ログイン時に使います。

この時点での文字数は、半角7文字以上16文字以内ですが、サイト管理画面の『ユーザー』⇒『プロフィール』⇒『アカウント管理』⇒『新しいパスワード』から、それ以上の文字数設定も可能になります。

メールアドレス

サイトログインやコメント通知で使用します。

キャッシュ自動削除

デフォルトでONになっているので、そのままで使用。
キャッシュ削除はプラグインも有りますが、こちらを使用した方が便利かも知れません。

データベース

『作成済みのデータベースを使用する』で、MySQLで設定した情報を使用します。
自動生成とかは、基本信用しない方がいいです。

テーマ

この後のサイト構築で変更しますが、WordPressはデフォルトテーマをセキュリティーの観点か推奨している体質です。

もう一度やり直したい場合

『確認画面へ進む』でインストールし、ログインすると無事完了となります。

後は、サイトログイン状態で構築を進める流れとなりますが、何らかの不都合でインストールをやり直したいことがあるかも知れません。そんな時、改めて簡単インストールで上書きしようとしても、安全性の観点から拒否されます。

やりい方は『ドメイン設定』の『ドメイン設定一覧』より、任意ドメイン右の『初期化』でクリアされます。当然、同サーバー内に別サイト等の情報があることもありますので、何をするにしても必ずバックアップを取ってから行いましょう。

『.htaccess』の元コード

環境によって違うと思いますが、メモとして『.htaccess』の元コードを残しておきます。
完全に自分用です。

-WordPress
-, , ,

© 2022 MiyabixPhoto