Photoshop『スクリプト』:設定と保存先と『アクション』で実行する方法

熱海

熱海

フォトショップ業務で『スクリプト』という言葉が出て来たら、それはかなり面倒な状況かも知れません。なぜなら、プログラミング言語だからです。

ただし、用意されているものを使うのであれば、かなり有効な手段と言えます。
今回は一切言語には触れず、設定方法と使い方の説明を致します。



そもそも『スクリプト』って何?

フォトショップには『アクション』という素晴らしい機能が備わっています。操作手順を記録保存し、再生させることで同様の操作をワンクリックで行うものです。

例えば『横サイズを1000pxにリサイズして保存』という操作の中には『リサイズ』と『保存』の2つ工程が入っていますよね。画像が1枚ならば気になりませんが、100枚あったら大変ですよね。

ならば『アクションを使えば良いじゃん』となりますが『スクリプト』はもうちょっと高度なことが出来るのです。例えば『2000px以上の写真は〇〇する』みたいな複雑な作業も、しっかり判別して作業してくれるのです。

『.jsx』はテキストファイルで

『JavaScript』とはテキストソフト(メモ張)で書きます。拡張子を『.txt』ではなく『.jsx』で保存するとフォトショップで使えるようになる訳です。

オンライン上で配布されているので、その恩恵にあやかりましょう。

『.jsx』は『Scriptsフォルダ』に置く

フォトショップで使えるようにするには、指定の場所に『.jsx』ファイルを置かなくてはなりません。


Mac

アプリケーション/Adobe Photoshop/Presets/Scripts


Windows

Program Files/Adobe/Adobe Photoshop/Presets/Scripts


どちらのOSも『Scripts』を探し、そこへ『.jsx』を放り込みます。
今回は『test.jsx』としました。

これで、準備完了です。

フォトショップでスクリプトを実行する

フォトショップを起動。

『ファイル』⇒『スクリプト』⇒『参照』へ。

『.jsx』ファイルを入れた場所まで辿り着きます。

ファイルを選択し『開く』で実行されます。

工程をアクションに登録する

前項の操作で実行はされますが、いちいち『スプリクト』を探すのは手間ですよね。ならば『アクション』に登録してしまいましょう。

アクションの再生ボタンでも良いのですが、ありがたいことに『ファンクション』へ振り分けることが可能です。

これで、ポチッとすればダイレクトに実行されるのです。
便利過ぎるー^_^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)