モバイル『Suica』:知らないと危険な『Touch ID』オフの24時間待ち問題

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

iPhoneケースのカードポケットにスイカを仕込んでいたので、特に電子化するつもりはありませんでした。しかし先日、同僚がスマホ操作からチャージするのを見て、やってみたくなりました。

実際に使ってみると、なかなか便利^_^

しかし『Touch ID』操作で、とっても困ることに直面したので、知らない方の為に記載致します。とりあえず『気軽にオフにしないで下さい』というお話です。



『Touch ID』の指紋認証が微妙

私は『パスコードロック』は、わずらわしいので使いませんでした。しかし、モバイルスイカの利用は『Touch ID』の設定が必須で、6桁のパスコードを設定しなくてはなりません。ただしパスコードはいわゆる保険であり、指紋を登録するとiPhoneの丸ボタンに指を乗せるだけで解除されるシステムなので、悪い話ではないのです。

ただ、指紋認証が世に出てから、そこそこ時間が経つので大丈夫かと思っていましたが、そもそも登録段階でモタつきました。再起動やらボタンのクリーニングやらを試し、何とか登録することが出来たのですが、原因はどうやら『iOS』にもありそうなので、すんなり受け入れることになった訳です。

24時間待ち問題

快適に使っていましたが、また指紋認証エラーが出るようになりました。
こうなってしまうと、通常操作にもパスコードを要求されるのです。

さすがに、ストレスですよねヾ(。>﹏<。)ノ゙
それで一旦、パスコードをオフにしてみることにしました。

危険なので、一般の方はオフらないで下さい!!

こんな警告が出ます。
カード番号は把握しているので、再登録すれば良いと思っていました。

ちなみに、この時は仕事帰りの電車の中。
スイカで改札を通った状態です。

オフにした設定を、再びオンにします。

『Walletアプリ』を確認すると『現在このカードは追加できません。24時間以内に追加可能になります。』

なるほど・・・。

システム上、少し時間が掛かるという認識で最寄駅に到着する頃には解除されると思っていました。しかし改札に着いても、この表示は変わりませんでした。

ちなみに、追加可能になったのは、翌日の朝でした(-_-メ)

結局『電車に乗ってからの、端末エラーです』と説明し、運賃は現金で支払いました。後日、上記の用紙を渡せば『改札を通りましたのデータ』を取り消してくれるとのこと。駅員さんがとても親切に対応してくれたので、救われました^_^

翌日、すんなりカード追加出来ました( ̄ー+ ̄)

改札を出る前に操作してしまったことはアホ過ぎましたが、再登録に24時間という表記にも驚いた事件でした。やっぱりマネーカードはオンラインと言えども、セキュリティーの関係で簡単ではないんですね。

とりあえず、今回の件の発端である『Touch ID』については、次回の『iOS』バージョンアップに期待するとして、素敵なブログネタになったことに、感謝致します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)