『AKAI VT-110』古い映写機型のオープンリールVTRが再生出来なかった話

AKAI,VT-110,オープンリール,8mm,映写機,ビデオ,VT-5,レコーダー

160513mp0007

面白い(変な)依頼が来ました(≧∀≦)

一応こちらは、写真屋さんなんですけど、最近はやたらと動画関連のお仕事を頂きます。
どうもありがとうございます<(_ _)>

さて、今回のご依頼は『40年ほど前の映写機用オープンリールの動画デジタルデータ化』です。とりあえず、引っ越し用のダンボールが2箱届きました。

さぁ、困りました(・ε・)



依頼品のご紹介

160513mp0011

レコーダーは『AKAI VT-110』という型です。

動画機器の知識と言えば、せいぜい『VHS』や『ベータ』辺りからです。
時代は30年ほど前でしょうか。

『VHS』の後にも小型化されたVTRテープがいくつか発売されましたが、どれもそれほど普及せず、現在のDVDに辿り着いたと記憶しています。

今回はその『VHS』から更に10年ほど遡った機器なので、まずは動くかどうかから始まりました。

160513mp0019

テープは『VT-5』です。

当時は機器ごとにメーカーが独自のフィルムを発売していたようで、相互性はほとんどなかったようです。

調べてみたら、ムービーテープって20種類以上もあったそうな( ̄O ̄; ))

160513mp0013

こちらが、カメラです。

機能は撮影のみで、レコーダーに繋いで録画します。
普段『カメラが重い』とか言ってますが、本当にすいませんm(;_;)m

AKAI,VT-110,オープンリール,8mm,映写機,ビデオ,VT-5,レコーダー

レコーダーサイドに取り付ける『RFコンバーター』です。

接続端子がひん曲がっていたので、ラジペンで修正したら挿入出来ました。

AKAI,VT-110,オープンリール,8mm,映写機,ビデオ,VT-5,レコーダー

AKAI,VT-110,オープンリール,8mm,映写機,ビデオ,VT-5,レコーダー

『VAS-1』はテレビとビデオの切替えハブです。

昔、テレビとファミコンの接続がこれでしたね。

AKAI,VT-110,オープンリール,8mm,映写機,ビデオ,VT-5,レコーダー

これが全ての電源をまかなう、電源バッテリーです。

外撮影では『レコーダー・バッテリー・ビデオカメラ』が必要です。
なかなかの重量になりますね〜○| ̄|_

背面のフタを開けると、中に巨大なバッテリーが2つ入っていました。

AKAI,VT-110,オープンリール,8mm,映写機,ビデオ,VT-5,レコーダー

これが『映写機』です。

テープをセットするのも、なかなか難しそうでした。
とりあえず通電を確認する為に、スイッチを入れたら動きましたヽ(゚▽^*)

喜びは束の間、回転と共に中から粉塵が飛び出し、周辺が白くなりました。
どうやらベルト等は完全に劣化して溶けているようです。

慌てて、掃除機を掛けました^_^

レコーダーの通電確認はしたものの

とにかくレコーダーが生きていれば、何とかなるはずです。
その先のデジタル化は今後考えるとして、コンバーター類に問題なさそうなので、全てを繋ぎテレビと接続しました。

最後にレコーダーの電源を入れると、テープ送りは動くものの巻き取りと、その他のスイッチが効きませんo(*≧◇≦)o

ちょこちょこバラしましたが、解決できず断念ですo( _ _ )o 
多分、ゴム系のベルトの劣化かと思います。

どうするか考える

とにかく『出来ませんでした』とは言いたくないので、考えました。

M
同型の機器をヤフオクで探す?
S
同機種は見付からず、ジャンクばかり。
稼働品はかなり高額な為、断念。
M
修理に出したら?
S
調べてみたけど、コストが掛かり過ぎです。
M
レンタルしたら?
S
無かった。
M
外部業者で、ダビングの委託は?
S
それですねん!

店舗へGOー( ̄‥ ̄)

DVD化業者さん

レトロエンタープライズ

錦糸町か両国かというぐらい駅と駅の中間地点で、近くはありません。
周辺は完全に下町です。

『VT-5』1本(20〜30分)/13,500円(税込)

お客さんに見積を伝え、了解を得ました。
一見高いように思いますが、そんなことはありません。
そもそも古い機器のメンテナンスや維持、バリエーションの豊富さ、仕事の丁寧さはピカイチです。

納期は2週間程度でしたが、少し早めに仕上げてくれました\(^o^)/

お客さんの反応

持ち帰ったデータを確認し、編集しDVDにして納品しました。
喜んで頂けたようで、安心いたしました^_^

とにかく40年前の映像ですからね。
写真はあっても、音声動画は貴重です。

撮影は、その場で嫌がられることは多いのですが、時間が経って後から喜んでくれるんですよね。今回の案件から得たことは、カメラマンとして40年後にも喜んでもらえるような仕事をしなくてはならないと、強く思いました。





2件のコメント

  1. こんにちは
    AKAIはテープデッキメーカーとして有名だったのですね
    大分前になくなったしまったようで
    対応も難しいでしょう

    1. yutaさん こんばんは^_^

      父親の世代は一般的なメーカーだったようです
      とにかくデジタル業界は移り変わりが激し過ぎますから
      あっという間に通り過ぎて行ってしまいます

      もうちょっとゆっくりの進化でも良いんですけどね〜^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。