Nikon FM2

ニコン,Nikon,FM2,一眼レフ,フィルム

ニコン,Nikon,FM2,一眼レフ,フィルム

僕が初めてカメラを手にしたのは、小学校3年生でした。しかも、いきなりの一眼レフで、いきなりのフルマニュアル。

そりゃ、意味が分かりませんよね(・ε・)

みんなで公園へ遊びに行った時、こいつを首から下げて行ったことを思い出します。

集合させ『撮るよ~っ』と声をかけてから、露出を合わせ、ピントを合わせようとしましたが、これがなかなか決まらない。

『まだぁ~?』と焦らせる子供達。

そりゃそうですよね。待てない子供と、撮れない子供。

当時のカメラは、ファインダーのセンタースポットのゲジゲジをクリアーにすると、ピントが合う仕組みでした。それが実に、見にくいのです(T-T)

それから考えると現在のカメラは、何てピントが合わせやすいのだろうかと思います。『もう、ピンボケ写真何てありえない!』って思うんですけどね。

やっぱり未だにピントを外します(/∇\*)



Nikon FM2

1984年3月

シャッター:フォーカルプレーン 1~1/4000秒(13段階)

露出制御 測光方式:中央部重点測光

マニュアル露出 内蔵ストロボなし

ファインダー ペンタプリズム式

視野率:約92% 

ピント方式(AF方式) マニュアルフォーカス

フィルム送り フィルム巻上げ:手動

フィルム巻戻し:手動

大きさ・重量 約142.5×90×60mm 約540g(ボディのみ、電池除く)

電源・電池 1.55V銀電池(SR44タイプ)2個

3Vリチウム電池(CR-1/3Nタイプ)1個

1.5Vアルカリ乾電池(LR44タイプ)2個 のいずれか





2件のコメント

  1. おはようございます
    小学3年生でマニュアルとはやはり難しいでしょうね
    自分であれこれ操作して覚えたことは後々役に立っているでしょう
    あたしは未だマニュアルで撮ってます^^

    1. yutaさん こんばんは

      マニュアルしかなければ どうにかするものですよね^_^
      結局は誘惑があると マニュアルが一番簡単だと気付くのに
      時間が掛かってしまいます(^O^)
      でもさすがに 瞬間写真は無理ですよね〜(≧∇≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)