友達や知り合いの『プロ』に無償(タダ)で仕事を頼んではイケナイ理由

タダ,無償,仕事,依頼,受ける,対価,利益,友人,知り合い

1510150386

年齢のせいか少なくなっては来ましたが、未だに無い話ではないので書かせて頂きます。それは『プロに無料で仕事を頼む』という困った内容です。

僕は『カメラマン』という職業で、必要に応じてパソコンも勉強しています。

一般のお客様からの仕事のご依頼の他に、知り合いからも『僕の専門分野』での相談を受けることがあり、それを通じてその先の仕事が取れることも多いですし、打ち合わせがスムーズだったりと、とてもありがたいのです。

しかし一部の方が『報酬無しでの仕事依頼』をして来ることに疑問を感じています。



もはや修行時代ではない

写真家を志し、今も精進していることに変わりはありません。それでも何もできなかった修行時代とは違います。

当時は撮影の機会を求め、勉強の為に撮られて頂くこともありました。しかし現在では看板を掲げ、技術と時間を売る状態になったわけです。

それに対して『お金は払えない』となると『そろそろ認めてくれてもいいんじゃないの?』とさえ思うのです。

その場で直ぐにできるなら、タダでやります

例えば『シャッター押して下さい』とか『ちょっとここ教えて下さい』とか『この部分だけやって欲しい』というのであれば、気持ち良くやります。

それは友人との交流であり、遊びでもあるからです。

しかし準備から行動、納品まで任されるとなれば、それは立派に仕事です。

無償で頼んではイケナイ理由

技術屋さんは何でもそうですが、やろうと思って直ぐに出来るようになったわけではありません。それなりの時間と労力、そしてお金も掛けています。カメラマンのように道具有きの場合は、その辺りも含まれます。

技術の習得というのは、向上の反面『いかに失敗しないか』という経験を学ぶことでもあります。すると『それなりの準備』という時間が発生し、合わせて体力も精神力も消耗します。当然、当日のスケジュールを押さえたり、その後の処理にも時間が掛かります。

①準備
②当日
③後処理納品

行程を大きく3つに分けた場合、職種によって負担割合が変わります。

②にそれほどの時間が掛からないとしても、音楽家のような合わせが必要な職業は①に時間が掛かり、スタジオや移動にお金が発生します。カメラマンは現像処理の③の負担が大きいです。

ただ、簡単に頼んでくる人は、ここまで考えてはいないように思います。当日の電車賃すら払おうとしませんからね。

やってあげたい人には、こちらから言います

好意には度合いがあるので、全ての場合がダメとは思いません。例えば大切な友人へのお祝いなどは、労力は関係なく何かしてあげたいものです。

僕の場合は『得意とする写真で何かできないものか?』と考えます。

でもその場合は、必ず僕の方から『タダでやります』という旨を、本人か主催者に伝えています。

ちょっと』とか『適当』は存在しない

任された範囲をこちらで判断し実行する場合は『ちょっと』とか『適当』とか『だいたい』などは存在しません。与えられた内容をしっかりとこなすことで仕事が成立します。

もちろんクライアントの意向を無視したような突っ走り方はイケマセンが、無償だから適当でというのはありえない考え方であり、逆にやりにくさを感じます。

適当で良ければ、わざわざプロにお願いする意味もないんですよね。仕事に風評被害が出るのでプロは適当にはやりません。

利点があれば、タダでもやります

スポンサー的な考え方で、お金をもらわなくても成立する場合があります。例えば『メディアに取り上げてもらえる』とか『お客さんを紹介してもらえる』とか『大きな仕事に繋がる』とかですかね。

これが本来の横の繋がりであり『友人だからタダでやって』は違うように思います。

友人関係が壊れてしまうかも・・・

お金をもらって受ける仕事でも合う、合わないがあり、次回をお断りする場合もある位なのに、タダを強要されたら今後良好に付合う気にはなれません。

もし状況的に仕方なく受けたとしても、納得できない気持ちが煮え繰り返り、自分に言い聞かせ、苦しむことになるのです。

だからちゃんと、受ける人の気持ちを考えなくてはいけません。それができなければ、お金で解決した方が安全で早いでしょうね。

そもそも、払う気がないのが問題

ここまでで『結局、お金が欲しいだけ?』と取られてしまうのは心外なのです。

例えば友人から、一般的に10万円ぐらいの仕事があったとして相談されたら『それなら〜万円でやってあげるよ』となれば良いと思っています。

これって『お互いにうれしい』と『依頼内容の情報交換がしやすい』という良いことづくめの信用関係になるのだと思います。

タダで依頼された場合は・・・

・嫌な気持ちになり、心配事が増える。
・時間を提供するので本来の仕事が出来ず、金銭的にはマイナスになる。
・プロとしての意欲で仕事ができない。

だから、平均以上を取ろうとは思っていません。それ以前に気持ちや配慮なのだと思っています。

結果的に

経験上の話になりますが、タダの仕事依頼をして来た方とは現在は付き合いがありません。正直に言ってしまうと思い浮かべただけで、嫌な気持ちになるからでしょうか。

何れにしても、無償依頼に良い結果は無いと思います。

お金がなければ『できる範囲で』やればいいし、できなければ『やらなければいい』だけの事です。

とにかく、やった上にバカを見ることだけは、絶対に避けたいものです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)