WordPress:プラグインを更新したらページごとエラーになったんですけど

170404mp0372

170404mp0372

ワードプレスはオンライン上で編集可能なので、安全性を保つ為にバージョンアップが繰り返されています。そもそもテーマとプラグインは別物なので、相互性や干渉には常に気を配らなければなりません。

しかし全ては『やってみなければ分からない』状態なので、事故後の処理を知らなければならないのです。今回は慌てず、冷静に対応する為の準備を紹介致します。

続きを読む →

WordPress:Facebookページプラグインが表示されない初歩的な理由

鉄塔

170211mp0006

このブログの記事終わりにも貼ってありますが、ファイスブックページの中身が見えるリンクがあります。企業ページでしか作れないので、あまり一般的ではないのかも知れませんが、それでも見掛けることは多いはずです。

今回はそれをページに貼るだけの単純作業でありながら、かなりハマってしまったので、同じく困っている方の為にも記事にしたいと思いました。

疑ったことと経緯

『そんなことはいいから、早く教えてくれ!』と言われそうですが、とにかくここへ辿り着くまでにやったことを確認してみましょう。

ちなみに複数運営するブログの中に、同じテーマ使用のブログがあります。それで、ここでは普通に設置出来たのに、もう一つでは出来ないという現象が起きました。

それが迷子になった、最大の原因かも知れません。


プラグインの干渉

まずは一番初めに、プラグインの干渉を疑いました。
この2つは過去にも問題を起こしているので、確認しましたが問題無し。

・All In One WP Security
・PS Disable Auto Formatting


『script』コードの削除

『Facebookページプラグイン』のソースコード事態に問題があるとされていたのは、もはや昔の話なので関係なしです。


Facebookのログイン状態

Facebookのログイン自体を、企業から個人へ切り替えると表示されるという情報もありましたが、これも該当ぜず。


記事がアサイドで書かれている

通常では考えにくですが、固定ページではなく記事自体をトップページとして使っており、タイトルを表示させたくないという理由からフォーマットを『アサイド』にしていました。これも関係なく、サイドバーにも貼れません。

アドセンス広告は動く

ここまでやって反映されないとなると、ソースコードを疑うしかありません。
それで試しにアドセンス広告を貼ってみると、普通に表示されました。

ということは、フェイスブックページのソースコードに問題があるということになります。これでかなり、原因が絞られて来ました。

原因はソースコードをブログに置いていないから

_2017-03-02-10_57_14

上記はFacebookページプラグインのコード作成画面です。
1〜4を入力確認し、チエックボックスも触って完成させます。

『コードを取得』で吐き出させましょう。

_2017-03-02-10.57.28

はい、問題はこれでした(・ε・)

初めは『下側』がソースコードなので『上側』は関係無いと思い込んでしまっていました。理由は、ここのブログに貼った時に『下側』だけで動いたからです。

しかし、今回貼り付けたブログでは動かなかった訳で、その理由は『上側』がシステムのどこにも含まれていないからだったのです。

要は、どちらも必要ということです(≧∀≦)

それで、上下の両方繋げたソースを『テキストウイジェット』へ設置したら反映されました。ちなみに別の場所へ貼るなど、2枚目以降は『下側』だけで良いそうな。

なるほど、なるほど・・・。
かなり、疲れましたとさ (〃ω〃)

WordPress:プラグイン『Custom Permalinks』でパーマリンクを途中から変更する時の注意点

二荒山神社,宇都宮

二荒山神社,宇都宮

お客様の分も含め、いくつものホームページを制作して参りました。
ワードプレスではこのメインブログが、一番初めに作ったものです。

当然何も知らない状態で、毎回壁にブチ当たりながら学んで来ました。
しかし一番初めに設定しておかないと、後々困る項目がいくつかあります。

今回はその中の一つである『パーマリンク』の設定についてお話し致します。

この記事は初歩的な内容ですが、知らないで設定すると危険です。
バックアップを取り、しっかりと情報収集してから自己責任で行って下さい。

続きを読む →

パブリサイズ共有の自動投稿でGoogle+が『自分とだけ共有』となり『一般公開』ができない

今時の遊び

今時の遊び

ワードプレスの定番プラグイン『Jetpack』の『パブリサイズ共有』機能で、グーグルプラスやTwitterの自動投稿をしている方も多いと思います。

Facebookについては、やたらと長文が掲載されてしまう現象が起こるのと、投稿エラーが出るので、現在は手動としています。

Google+についてはとりあえずの導入でした。そもそも、SEO対策での『All In One SEO Pack』プラグインの設定操作で存在を知り、登録したわけです。

_2016-03-23-9.21.27

しかし最近判明したのが、パブリサイズ共有を行い自動投稿すると『自分とだけ共有』になってしまうのです。

_2016-03-23-9.43.49

ということは、自分とフォロワーにしか見えていないということですΣ( ̄□ ̄; )
せっかく投稿しているわけですから、意味のあるものにしたいのです。

続きを読む →

WordPressデータを『さくらサーバー』から手動でバックアップする

1602260080

1602260080

少し前の話になりますが、データクラッシュ寸前の事件を起こしました。
原因は、セキュリティープラグイン導入の際の設定ミスです。

知らないって怖いですよね。

ちなみに『BackWPUp』でバックアップ自体は取ってあるので、最悪の自体は起きませんが、そもそもインポートしたことがないわけで、ただのお守り程度なわけです。

徹夜で復旧にあたり、何とか無事に解決しました。それで強制的にサーバーデータについて学んだので、記録として記事に残したいと思います。

続きを読む →

『WordPress Popular Posts』スマホ表示で崩れるサイドバーを『HTML』でねじ伏せる

1601010293

1601010293

『WordPress Popular Posts』は人気記事などを調査して、サムネイル付きでサイドバーに表示してくれる、素晴らしいプラグインです。

内部でのSEO対策としても有効ですし、何より見栄えが良いですよね。

しかし一方では、サムネイル画像とタイトルと記事抜粋のバランスが崩れやすいという声が多く聞かれます。

この記事に辿り着いた方は『WordPress Popular Posts』をすでに導入している方が多いのではないでしょうか。

本題に入る前に『目的違い』になってしまっては申し訳ないので、始めに症状と目的を記載しておきます。当てはまりそうな方は先へお進み下さい。

続きを読む →

WordPressプラグイン『Crayon Syntax Highlighter』で記事中にソースコードを表示する

1601150047

1601150047

まれにMacの『ターミナル』アプリなどでCSSが、かなりの威力を発揮する場合があるのでプラグインの『Crayon』を導入しています。

使わな過ぎて忘れてしまうということもあり、最低限の添付方法を記載します。

20160127-004

『Crayon Syntax Highlighter』は記事中にソースコードを分かりやすく貼るためのプラグインです。そのカラフルさから『クレヨン』という名前が付いています。

便利なのは見た目もそうですが、そもそも記事はHTML形式などで書くので、本文とソースコードを分けて表示させるという部分で重宝します。

続きを読む →

WordPress 過去に書いた記事のリンクを貼るプラグイン『Link to Post』

掛け花

掛け花

ワードプレスで記事を書いていると、時々過去に書いた記事へリンクさせたくなることがあります。リンク自体のやり方は簡単ですが、過去記事の件数が貯まって来ると、探すのに一苦労ですよね。

いかに効率よく見つけるか、そんな作業を緩和してくれるのが『Link to Post』というプラグインです。

続きを読む →