スマホ用ジンバル:『Zhiyun Smooth-Q』レビュー

Zhiyun,Smooth-Q,ジンバル

Zhiyun,Smooth-Q,ジンバル

以前から狙っていたのですが、先日の『CP+』でジンバル体験をしたことが引き金となり、ついにポチってしまいました。そもそもジンバルとは、手ブレを極限まで吸収し、まるで浮遊しているかのような映像を撮影するアイテムです。

また『Bluetooth接続』で様々なことが出来るようになっています。アプリのこともあり、一回では収まり切らないので、複数回に分けてレビューしたいと思います。



『Zhiyun Smooth-Q』の外観

まずは、ビジュアルから紹介します。
3軸スタビライザージンバルなので、プラプラと動くアームが付いています。

ここでバランスを取り、電子制御することで振動を吸収するんですよね。

少し前まで、3〜4万はしたでしょうか。
現在では、かなりお安くなり、庶民でも手の届く機材となりました。

充電はこちらの、アンドロイド系端子から。
注意点としてカテゴリーの都合があるので、付属のコードを使いましょう。

グリップエンドには、USB端子があります。
これは内臓バッテリーからスマホに、リアルタイム充電をする為のものです。

ただ、後に触れますが、iPhoneの場合は装着すると端子部分が隠れてしまうので、現実的では無いと思います。

ジンバルのグリップより上の部分はアームで、2つのネジがあります。

スマホ装着部の背面は、縦横切り替えのネジ。
アームを横に伸ばす形状部は、バランスようのネジです。

普通に使う分には、バランス設定はアバウトで問題ありません。
一定以上伸ばすと、水平回転で接触を起こす場所があります。
でも、撮影には影響が無いので、ご安心下さい。

関節部分に突起があり、一回転しないよう制御されています。

こちらは、縦位置にセットした状態です。

こちらは横位置装着で、電源を入れるとシャンとします。

とても凛々しい立ち姿です。
グリップエンドが太いので、自立してくれます。

『Zhiyun Smooth-Q』の付属品

ちなみに、こちらは付属品のミニ三脚です。
グリップエンドに雲台ネジが切ってあるので、しっかり自立させることが出来ます。

また一脚や延長ポールを組み合わせれば、極端なハイアングルが楽しめるでしょう。

ヴァイオリン用みたいなケースが付いています。やはり、アーム接続部分に負荷が掛かると、バランスが取れなくなってしまうからでしょう。デリケートさに配慮して、使ってあげたいと思います。

『Zhiyun Smooth-Q』の操作

ジンバル操作は、グリップに配置された制御パネルで行います。
番号順に、ざっくり説明して参ります。

1.バッテリーレベルインジケーター(左ランプ)

青く光っていれば通常動作
点滅回数でバッテリー状態を表示

4回 75%以上
3回 50%以上
2回 25%以上
1回 1%以上

2.ステータスインジケーター(右ランプ)

黄色点灯、ジンバルが有効

3.ジョイスティック

上下左右と、斜めの首振り操作
モードにより制限有り

4.モード

パンフォローモード(デフォルト)
右左パンを追従
ジョイスティックでマニュアルパン操作可

ロッキングモード(1回押し:パンフォローと相互)
三軸安定

フォローイングモード(2回押し)
パン・チルト安定
ジョイスティックで斜め動作

5.電源

3秒押しでON
専用アプリでのシャッター

6.シフターレベルオペレーション

専用アプリでのズーム(小刻みなので使い物にならず)
アウト・インカメラ切り替え

『Zhiyun Smooth-Q』のアプリ

アプリは2種類あります。
日本語ではないので、理解するまで時間が掛かります。

ZY Play

こちらは、SNSにカメラ機能付いたアプリ。

智云Camera

こちらは、バッテリー残量や軸調整にカメラが付いたアプリ。

Android

アンドロイドはこちらから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)