Mac:『QuickTime Player』動画を拡大表示再生させる

お墓参り,普門院

お墓参り,普門院

写真の解像度はかなり高くなり、もはや安定期を迎えたと感じています。
よって、部分的に拡大表示させることは常識となりました。

ところで、4Kが普及している動画はどうなのでしょうか。スマホは2本の指を広げれば大きくなりますが、パソコンでは拡大自体が一般的な操作ではありません。

今回はMacで、映像の一部を拡大表示させる設定を紹介致します。



設定はアクセシビリティ

Macの標準機能で、拡大表示は可能です。

ちなみに『QuickTime Player』は全画面表示以上の拡大は出来ません。
なので、PC画面全体の拡大となりますので、予めご了承下さい。
分かりやすく言うと『アイコンや壁紙も同時に拡大される』という意味です。

『システム環境設定』⇒『アクセシビリティ』へ進みます。

左サイドバーに分かりやすく『ズーム機能』とあるので、選択して下さい。

操作種類はいくつかありますが、とりあえず上記のように『スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム』にチェックを入れます。

プルダウンから、作動させる動作が選択可能です。
この場合『control』を押しながら、マウスホイールを回すと拡大縮小となります。

こんな感じで、全体がズーミングします。

もし、キーボード操作のみで作動させたければ『キーボードショートカットを使ってズーム』にチェックを入れましょう。

表示のコマンドで、操作が可能となります。

表示方法は部分ズームの『フルスクリーン』と、一部ズームの『ピクチャ・イン・ピクチャ』が選択可能です。

『ピクチャ・イン・ピクチャ』はこんな感じになります。

また、オプションより詳細設定が可能ですので、お好みに合わせて使いやすくカスタマイズしてみて下さいね。




2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)