Adobe

Premiere Pro『アフレコ音声収録』:『ボイスオーバー』で動画に説明音声を録音する

投稿日:2018年12月29日


YouTubeは自由度が高く、誰でも投稿者になれる魅力がありますよね。ただ、クオリティー審査が無いので、微妙な動画が多くあるのも事実です。改善方法として、重要な部分をカット編集し、テロップや説明音声を入れることで見違えるはずです。

今回は動画編集ソフトの『プレミア プロ』で、後からアフレコ音声を録音する方法を記載致します。これさえ出来れば、しゃべりの苦手な方も立派なユーチューバーになれますよ。



ボイスオーバー録音設定

まずは、下準備をします。

『環境設定』⇒『オーディオ』と進みます。

『タイムラインの録音中に入力をミュート』にチェックを入れて下さい。

自分の声がスピーカーから出て、マイクがまたそれを拾ってしまうループを防ぐ為の設定なので、スピーカーがミュートされます。

音声収録をしたいオーディオトラックの上で、右クリックします。
『ボイスオーバー録音設定』を開きましょう。

クリップ名:音声ファイルの名前
ソース:出力機器名
インプット:マイクのチャンネル

カウントダウン音:キュー音が鳴る
プリロール:カウントダウンの時間
ポストロール:不明

※個人的には全てのチェックを外しています。

タイムラインでスタート位置にバーを合わせます。

任意のオーディオトラックの、マイクボタンをクリックするとナレーション録音され、クリックで停止し素材として追加されます。

以前使用していた『Final Cut Pro X』は、クリック音も録音されていましたが『premiere Pro』では録音されないので、とても快適に使用しています。




-Adobe
-, , ,

Copyright© MiyabixPhoto , 2019 All Rights Reserved.