WordPress グーグルマップをプラグイン『TinyMCE Advanced』で埋め込む

1506230126

1506230126

ブログやサイトに、地図をピンポイントで表示したい時があると思います。

やり方は色々ありますが、今回はプラグインの『TinyMCE Advanced』を使う方法が簡単なのでご紹介致します。

住所がない場所も、埋め込み可能です\(^o^)/



スクリーンショット-2015-09-03-9_32_25

まずは掲載したい場所を、Googleマップで調べます。

任意の場所をクリックすると、上記画像のような小さなマークが出ます。

次に上記画像の下の方に座標が出るので、クリックします。

スクリーンショット-2015-09-03-9_33_19

すると小さなマークが、大きな赤いマークへと変わります。

スクリーンショット-2015-09-03-9.33.34

続いて、左上の『メニュー項目』を開きます。

スクリーンショット-2015-09-03-9.33.49

『地図を共有または埋め込む』をクリックします。

スクリーンショット-2015-09-03-9.34.01

画像上部右の『地図を埋め込む』を選択します。

スクリーンショット-2015-09-03-9.34.13

ここでURLをコピーしますが、URL左側のサイズも忘れずに選択します。

スクリーンショット-2015-09-03-9.34.27

サイズは下記の3種類です。カスタムで任意のサイズも入力可能です。

小・・・400 × 300 ピクセル
中・・・600 × 450 ピクセル
大・・・800 × 600 ピクセル

Googleマップでの操作はここまでです。次は実際に記事に埋め込んで行きます。

プラグインの『TinyMCE Advanced』がインストールされていることを前提と致します。なお『TinyMCE Advanced』の使い方・注意事項は、下記の記事をご覧下さい。

フォントサイズ変更は、TinyMCE Advanced
WP『PS Disable Auto Formatting』動画との干渉

スクリーンショット-2015-09-03-9.34.59

WordPressの記事作成から『挿入』→『動画を挿入/編集』を選びます。

スクリーンショット-2015-09-03-9.35.23

『埋め込む』を斑点させて、GoogleマップよりコピーしたURLを貼付けます。

スクリーンショット-2015-09-03-9.35.58

これで張り付けが完了しました。ちなみにこの操作の場合は『下書き』や『予約投稿』ではプレビュー表示されません。

実際に投稿完了されてから確認して下さいね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)