ピントが合わない(甘い)と感じたので『キヤノンサービスセンター』へ修理調整に出した結果

100-400,Canon,キャノン,一眼レフ,フルサイズ

Canon,新宿,キヤノン,サービスセンター

最近目が悪くなったのか、どうもピントに自信が持てなくなってきました。

しかし、僕が信じて目指す写真道は『ピント命』です。そのように教育されて来たし、変えるつもりはありません。

ピントについては、今までも色々研究して来ましたが『カメラのズレ』も視野に入れなくてはなりません。

いい機会なので、調整に出すことにしました。



24-105,5D2,5DⅡ,Canon,キャノン,一眼レフ,フルサイズ

・EOS 5D MarkⅡ
・EF24-105mm F4L IS USM

100-400,Canon,キャノン,一眼レフ,フルサイズ

・EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

上記、1機2本のエントリーです。

自己診断とスタッフさんの説明

EOS 5D Mark Ⅱ

①オーバーホールも必要であればやってほしい。
②ピントが甘いと感じる。
③過去に誤作動があったので、チェックしてほしい。

①オーバーホールは砂漠レベルで、内部に砂が入った時などに有効です。
シャッター耐久回数が規定以下の為、動作チェックといたします。

②了解。
③繰り返しテストで症状が出なかった場合は、保留となります。

EF24-105mm F4L IS USM

④ピント調整。

④了解。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

⑤落下事故(過去2回)の為、フィルターが外れない。
⑥オートフォーカス時に異音がする。
⑦ピント調整。

⑤フィルターを外して、詳細をチェックします。
⑥詳細をチェックします。
⑦了解。

こんな感じで注文を出し、その場で説明を受けました。

入院について

しかし、いつ行っても非常に丁寧で素晴らしい対応です。『Canonにして良かった』と思える瞬間です。

ネットでは色々書かれていますが、そんなヒドイことはありませんよ^_^

ピントについても、ものすごく細かく注文を出す方がいますが、構造から考えると、ある程度の幅というのがあると思います。

光の種類や色によってもピントの認識は変わりますし、そもそも測光点の四角枠自体が点ではありませんからね。

2週間ほどの入院となりましたが、カメラは数台あるので困りません。

予め修理の限度額が設定されます。これは料金確認の手間とスピードを重視した設定です。今回は7万円といたしました。

ピントの結果

さて、退院後の動作ですが、ピントは格段に向上しています。

こんなに違うのか〜(≧∀≦)

というレベルです。こればっかりは、もうちょっと早めに出すべきでした。

ちなみにスタッフさんの説明によると、まずはボディーを『0位置』に合わせ、そこへレンズを合わせて行く方が効率的だそうです。

なので、入院時はボディーとレンズのセットで出すべきなのです。こうなると、しばらくお休みを取って機材全てを入院させたいです(/∇\*)

EF24-105mm F4L IS USM
今回は『光軸・解像力の低下』があったようです。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
『ISレンズユニット』と『1群レンズユニット』の不具合の為、部品交換。

ボディーチェックとクリーニング

カメラは大切に扱いますが、使い倒したいのでキズについては気にしません。

それでもファインダー内の汚れについては、自己管理でも限界があるのでお願いいたしました。結構綺麗になりましたね〜\(^o^)/

EOS 5D MarkⅡ
ボディーの動作については、特に問題なかったそうですが一応、メインダイヤルユニットの交換と、『最新ファームウェア』へ変更して頂きました。

料金発表

EOS 5D MarkⅡ・・・¥12,000
EF24-105mm F4L IS USM・・・¥8,000
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM・・・¥4,0000円

100-400mmは落下事故を2回もやっているので、覚悟していました。

その他の料金についても納得です。カメラには普段ものすごくお世話になっているので、時々メンテナンスしてあげないとと思いました。

正しい機械を使って、正しい技術を学ぶべし。

使用頻度にもよりますが、ズレによるメンテナンス時期と最新機種とで悩みますが、一度はメンテナンスで乗り切るべきかと思います。

でも、最新機種の衝撃ってものすごいんですけどね〜(≧∀≦)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)