Mac『テキストエディット』で文字数をカウントしてもらう設定があった

イベントホール,屋外

イベントホール,屋外

文章を書く時、例えばSNSならば直接オンライン書き込みを行う場合も多いのですが、長文になってくればそれなりに不安が募ります。

長時間かけて書いた文書が、飛んだという経験をされた方も多いのではないでしょうか。
特に最近は、ワードプレスがちょくちょく落ちるのでストレスが溜まります。
これについては、以前から原因を探っているんですけど未だ解決できません<(_ _)>

そんなリスクを回避するため、とってもお固いMac標準アプリの『テキストエディット』を使うんですけど『文字数』をカウントしたい時があるんですよね。

1,000文字以上の文章にしたいとか、指定がある時もあるでしょう。
結構簡単に設定できてしまうので、ご紹介いたします。

_2016-01-26-18.41.03

初めに出しますが、設定後の表示はこんな感じです。
他の文章アプリも探しましたが、やっぱり『テキストエディット』が使いやすいです。



スクリプトエディタへコマンド入力

_2016-01-26-18.32.56

こんなアプリがあります。

Finderから『アプリケーション』⇒『ユーティリティ』⇒『スクリプトエディタ』と進み起動させて下さい。
バージョンによっては『AppleScriptエディタ』かも知れません。

_2016-01-26-18.33.49

こんな感じでアプリが起動するので、下記のコマンドを入力します。

左上の『×』で閉じると、保存するかを聞かれます。

_2016-01-26-18.34.21

『Word Count』という名前で、とりあえずデスクトップにでも保存して下さい。
続いて上記のファイルを移動しますが、その前に特定の場所にフォルダーを作成します。

Finderをアクティブにして、上部メニューにある『移動』を選択して『option』キーを押すと『ライブラリ』が表れます。その中の『Scripts』の中に『TextEdit』というフォルダを作成して下さい。

そして先ほどの『Word Count』を入れて下さい。

_2016-01-26-18.36.57

_2016-01-26-18.37.55

ちょっとややこしく感じるかも知れませんが『ライブラリ』は普段隠れているので、この説明が必要となりました<(_ _)>

スクリプトエディタの設定

_2016-01-26-18.38.36

『スクリプトエディタ』を再び開いて『環境設定』を表示させます。

『一般タブ』の中の『メニューバーにスクリプトメニューを表示』にチェックを入れて下さい。これで設定は完了です。

_2016-01-26-18.39.09

画面右上の時計表示の左側に、ショートカットアイコンが追加されました。

『テキストエディット』で文章作成中に、上記の画像を参考に進めて行って『Word Count』まで辿り着くと無事に文字数が表示されます。

_2016-01-26-18.41.03

コマンド入力系は難しそうに見えますが、やってみるとできちゃうものです。
必要な方は、設定してみて下さいね^_^





8件のコメント

    1. ももさん こんばんは^ – ^

      コメント、ありがとうございます。
      是非、情報が必要な方がお近くにいましたら、教えてあげて下さいね(°▽°)

  1. 凄いです!
    この通りに従って進めたらカウント出来るようになりました!
    すばらしい。
    ありがとうございました!

    1. あっこさん こんばんは^ – ^

      コメントありがとうございます。
      これで安心して、執筆活動に専念出来るかと思います。
      張り切って参りましょう(°▽°)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)