お一人様から学ぶ、時間の使い方

141018-11

141018-11

目標を決めて、行動するに超したことはないのだけれど、特に目標がない場合はダラダラと過ごしてしまうもの。仕事だったら効率化を図るべきなんだけど、趣味や休日は目標よりも目的を果たしたいものです。

  • 何もしない。
  • のんびりしたい。
  • お腹いっぱいに食べたい。
  • とにかく寝たい。


お休みの日ぐらい『そっとしておいて欲しい』という人もいれば、お休みこそ『外を自由に飛び回りたい』という人もいるわけです。

それでも休日を忙しく行動している人を見ると、うらやましく思ってしまいます。朝から出掛け、あれもこれもこなして『楽しかった。よし明日からも頑張ろう』と言える人は元気ですよね。情報処理能力に長けているというか、そもそも造りが違うように思います。

長い目で見れば、経験という部分で大きな差が出てしまいそうですね。 きっとこれって元々の性格もあるのでしょうけど、結局は環境なのだと思います。友人や家族が行動的だったら、それに釣られて外出するのでしょう。

しかし最近の流行りで、『お一人様』というのがありますよね。これは確実に本物です。

ウィンドウショッピングや散歩に留まらず『一人カラオケ』や『一人焼肉』などなど、もはや目標から目的まで完璧にこなしているように思います。

『寂しくないの?』というような低次元の質問を見事にはね除け、欲にまっしぐらである分、人生を人一倍楽しんでいるようにさえ思えてしまうのです。

141018-2

よく仕事で用いられる『計画表』というのがありますよね。タイムスケジュールを確実に現したもので、進行状況に応じては途中修正も行います。

実際にやってみると、なるほど無駄が省けるのです。場合によっては、計画通りに進行すると優越感さえ感じられるので不思議です。

ただ大きなトラブルが発生すると、修正不可能になり計画表そっちのけで進行させてしまうわけで、この場合は全く意味を成しません。何れにしても上手に使うことが大切です。

きっと『お一人様』気質の人は、体内時計と一緒に計画表が埋め込まれているのかも知れません。欲を優先事項とし、考えると同時に実行に移せる能力の持ち主なのだと思います。人目をあまりにも気にしたら、正直ではいられなくなります。誰かを待っていたら、逃してしまうかも知れません。

行動する意味って、本当はもっとシンプルなのでしょう。

どちらが良いのかと考えてみれば、それは『ほどほど』が良いのです。遊びたければ遊び、休みたければ休む。きっと片寄ってしまうから疑問が湧くのです。

こんなことを考えるのは、24時間のスピードがだんだん早くなってると感じているからでしょう。『時間は全てに平等』と言いますが、多分あれはウソです(/∇\*)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)