音声ファイルを『LINE』経由送信すると音質がこもってしまう現象

子連れ

子連れ

Macの『GarageBand』で作曲した音源を、そのままパソコンの『LINEアプリ』で送信すると、なぜか音質がこもってしまう現象に出くわしました。

理由は多分、圧縮による劣化かと思います。
それで今回は一手間掛けて、クリア音源を、そのまま送信する手順を説明致します。



ラインで音源を送るとこうなる

_2017-07-08-9.59.33

ガレージバンドで編集を終えたら、トップメニューより『共有』⇒『曲をiTunesに』を選択して、任意の場所に書き出します。

_2017-07-08-10.01.50

その音源を、そのままラインアプリにドラッグ&ドロップすると送信されます。
しかし聞いてみると、音声がこもるのです。

 

これは、ダウンロードして聞いても同じ結果になってしまいます。

クリア音源は、記事最下部にあります。

『iCloud Drive』で共有後に送信する

ちょっと、ややこしく感じるかも知れませんが聞いて下さい。
Macから、iPhoneへの音声ファイル送信は『iCloud Drive』がスマートかも知れません。

_2017-07-08-10.04.59

Macの『Finder』から『iCloud Drive』を表示させ、その中へファイルを移します。
今回は『音声』というファイルを作って管理しました。

IMG_1653

iPhoneから、開いてみましょう。

170708-001ab

IMG_1655

無事に、iPhoneへ反映されています。

20170708-004

音声ファイルを選択し、左下の『共有マーク』を押します。

20170708-002

『LINEアプリ』を選択します。

ちなみに、ここへアプリが表示されない場合は、この画面の一番右側の『その他』⇒『アクティビティ』から『オン』に設定すると表示されるようになります。

20170708-003

このまま送信すると、クリア音質を保つことが出来ました。





2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)