WordPress

WordPress:『Search Replace DB』データベース情報を置き換える

投稿日:2019年7月14日

サイトの移管は面倒なだけで内容は簡単ですが、その際、ドメインも一緒に変更するとなると、一気に心配事が増えてしまいます。また、オフライン構築したデータをサーバーに上げる際も、データベースの情報が気になります。

今回はデータベースの情報を書き換える『Search Replace DB』の使い方メモを記載します。

シリアライズ問題

当たり前ですが、バックアップは確実に取りましょう。
さて、ワードプレスは大きく分けて2つのデータで構成されています。

  • テーマや画像データ
  • データベース(Mysql)

テーマや画像のデータは扱いやすいのですが、データベースは簡単にいじれません。そもそも構築時に手を繋いで生まれて来るので、差し替えたりは簡単に出来ないのです。

ちなみに『シリアライズ』とは複数の要素を並べることで、プログラムの実行状態やデータ構造を直列化するイメージなのですね。

要は『こうすれば良くね?』と表面だけ指摘する一方で、こっちを立てればこっちが立たないみたいな感じでしょうか。

『Search Replace DB』ダウンロード

Database Search and Replace Script in PHP | interconnect/it
Database Search and Replace Script in PHP | interconnect/it

Search Replace DB is a powerful tool for developers, allowing them to run a search replace against t ...

ゴネていても仕方ないので、ソフトで解決致します。
上記公式サイトへ入ります。

基本英語ですが『Google Chrome』から入れば、翻訳されます。

名前とメールアドレスは、必須入力です。
下のチェックは、お知らせメールなので入れません。

提出すると、怪しいメールが来ます。

基本は『here』だけで良いのですが、一応『use v 2.1.0』も入手します。
ダウンロードフォルダにデータが届きます。

FTPソフト起動

お手持ちのFTPソフトで、ネットワークへ接続します。ダウンロードした『Search-Replace-DB-master』を『wp-config.php』と同じ段階層に置きます。

アクセス

http://新ドメイン/Search-Replace-DB-master/

上記にアクセスします。
ただ、状況によっては繋がらないこともあるので、以下をお試し下さい。

チャレンジ

  • 『use v 2.1.0』の『searchreplacedb2.php』を同じ段階層に置く
  • DNSサーバの書き換えをチェックし、タイムラグを考慮する

『Search-Replace-DB-master』設定

繋がりさえすれば、あとは簡単。

『serch/replace』へ、左は旧ドメイン、右は新ドメインを入力。

miyabix.com

miyabix-new.com

(http://・https://・最後のスラッシュ / は入れない)

以下、自動で情報が表示されるので、確認して下さい。

  • 『dry run』:確認
  • 『live run』:実行

確認事項が出てから、実行されます。

最後に、FTPに置いた『Search-Replace-DB-master』の削除の確認が出ます。
置きっぱなしにすると、危険なので必ず削除と確認をお願いします。

ちなみに『searchreplacedb2.php』は削除されないので、手動で行う必要があります。

-WordPress
-, ,

Copyright© MiyabixPhoto , 2019 All Rights Reserved.