Plemiere(プレミア)動画編集:蛍光灯のチラつき『フリッカー』除去


日本の電気は大まかに、東日本と西日本で『50Hz』と『60Hz』という周波数に分けられています。その影響もあり動画撮影の設定によっては、蛍光灯がチラつく『フリッカー』現象が出てしまうことがあるんですね。

しかし、それに気付くのはいつも編集時で『あちゃー(+。+)』となる訳です。本来はプラグインを使うべきなのでしょうけど、なかなか高価。なので、とりあえずエフェクトで簡単に出来る修正方法を紹介致します。



『エコー』を使う

『エコー』というエフェクトがあります。これは残像効果を残す時に使われるものですが、設定をいじくってあげると、フリッカー除去が出来てしまいます。

まずは、エフェクトから検索してみましょう。
見付かったら、タイムラインの素材にドラッグします。

このように、追加されました。
画像が一気に明るくなるはずです。

次に下記のように、数値を変更して行きましょう。

エコーの時間(秒)・・・- 0.010
エコーの数・・・2
開始強度・・・1.00
減衰・・・0.50
エコー演算子・・・後ろに合成

ちなみに『エコー演算子』はプルダウンから選びます。

本来は動画撮影時に、1/60・1/100などのシャッタースピードにするとフリッカーは起こらないのですが、オート設定だとやらかしてしまうこともあるんですよね。

とにかく、ボツにする前に試してみて下さいね^_^




2件のコメント

  1. おはようございます
    影響があるんですね。
    簡単に修正できてよかったです。

    ↓ logicoolはmac用の製品が多くていいのですが、
    私の場合いくつかの製品で突然作動しなくなることがありました。
    使い方が雑と言われれば何も言えないのですが・・・・

    1. yutaさん こんにちは^_^

      屋内と屋外では設定が違いますし、被写体によっても変わりますから、それは写真と同じですね。とにかく後処理機能で救われることが多いのも事実です^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)