Adobe

Premiere Pro『クロップ&マスク』:一人二役動画を作ろう

投稿日:2018年11月14日


一人二役

サスペンス劇場ドラマなどで役者さんが、一人二役で双子の兄弟などを演じることがありますよね。動画編集ソフトでも簡単に再現出来るので、試してみました。

仕組みはとても簡単なので、気になっている方は是非、試してみて下さいね。



現在は『クロップ』

 

上記リンクは、一人二役を演じているサンプル動画です。

以前は『ガベージマット』というエフェクトがありましたが、現在では『クロップ』を使います。また、複雑な部分は『マスク』を使うと解決します。

それでは、仕組みを見て行きましょう。

上記のタイムラインは、単純に2本の動画が重なっています。
細かく刻んである部分は、やや複雑なシーンです。

見やすくする為、左側(上)はモノクロにしてみました。
このように演者さんには、画面の左と右でそれぞれ別撮りで演じてもらいます。

この時『このラインから向こう側へ行ってはダメ』と指示しました。
その後、編集で居ない場所を隠してしまえば良いだけなのです。

エフェクトから『クロップ』を検索し、任意のタイムラインへ引っ張ります。

これはタイムラインで、左側の素材がアクティブな状態です。
『クロップ』のパーセント数値を動かすと、その分を隠してくれます。

このシーンは『右側70%を隠す』という指示になります。

複雑なシーンは『マスク』

カメラの液晶では見えていても、演者さんからは分からないこともあります。
このように、とっさの動きで境界線を超えることもあるでしょう。

そんな時は『クロップ』の下にある『ペンマーク』を使います。

すると『マスク』という項目が表示されました。

これで囲んだスペースが、守られるという仕組みです。

この部分『不透明度』という表現が出て来るので、少々混乱します。
私は『囲んだ部分を透明にしない度合い』と言葉を置き換えて理解しています。

その他『クロップ』の下の『○□』を使っても面白い表現になると思います。
是非、アイデアと企画で楽しい動画を作って下さいね^_^




-Adobe
-, , , , ,

Copyright© MiyabixPhoto , 2019 All Rights Reserved.