WordPress

WordPress:保存したのにサイト記事が更新されない事例

投稿日:


古民家

ワードプレスを長く使っていると、不思議な現象に出くわすものです。例えばサイトや記事を更新した後、仕上がり具合をチエックしてみると、一部反映されていなかったりするのです。

『また、やり直しかぁ』となげく前に、ちょっと確認した方が良いかも知れません^_^



ログイン状況の確認

まず初めに確認したいのは『ログイン・ログアウト』の状況です。

・ログイン・・・正しく表示される
・ログアウト・・過去の状態で表示されてしまう

これはとても単純な現象で、いわゆる『キャッシュ』が原因で。ちなみに『キャッシュ』とは、サイト表示を高速化する為、一度見たサイトを記憶させておく一時保存機能です。

URLをリロードすると更新されることが多いのですが、ワードプレス は頑固な印象です。

・自宅PCで作業して確認
・会社PCで確認すると、更新されていない
・iPhoneで確認すると、更新されていない

解決事例

理由は様々なようなので、事例として記載しておきます。

放置する

外で作業することもないので、自宅へ帰ってPCを見たら更新されていました。
実は他のトラブルも、時間が解決してくれることが多いです。

別件でしたが、過去に焦って復旧しようとして、こじらせたことがあるので焦らず急がず、様子を見る余裕があった方が、結果として上手く行きます。

ブラウザのキャッシュ削除

インターネットを見るブラウザには、観覧履歴を削除する機能があります。
削除すると横着せずに、サーバーへデータを取りに行ってくれるので、最新情報が見れることになります。

『WP Fastest Cache』プラグイン

※ここからは危険が伴う可能性があるので、必ずバックアップを取ってから行うようにしています。

WordPress:リビジョン削除とデータベース最適化プラグイン『Better Delete Revision』 - MiyabixPhoto
WordPress:リビジョン削除とデータベース最適化プラグイン『Better Delete Revision』 - MiyabixPhoto

ワードプレスで記事を書いていると、ありがたいことに『リビジョン』という形で自動保存が行われます。データベースのサイズが大きくなると、結果的に読み込みが遅くなります。今回は不要になったリビジョンを、プラ ...

ワードプレスのキャッシュ削除プラグインである『WP Fastest Cache』を導入します。
『インストール』⇒『有効化』で開くと、言語を選べます。

状況に応じて、チエック項目が異なるそうなので、詳しくはググってみて下さい。
私の環境では、上記チエックで無事に行えました。

サイト表示スピードが、確実に早くなりました。

『Better Delete Revision』プラグイン

実は今回、思い切ってテーマ変更を行いました。
それでサイト内ルール変更する為、過去記事を確認がてら更新しまくっていた訳です。

当然ですがワードプレスの特性上、リビジョンが増えてしまいます。
動きが渋くなってしまうので、定期的に削除した方がスマートです。

『インストール』⇒『有効化』で開きます。
『Check Revision Posts』⇒『Yes , I would like to delete them!』で削除します。

ほとんどの場合、紹介した項目を試せば解決出来るはずですのでお試し下さい。
あっ、くれぐれもバックアップは確実に行いましょう^_^




-WordPress
-, ,

Copyright© MiyabixPhoto , 2019 All Rights Reserved.