だから一眼レフは、むずしくないんだってばぁ〜(前編)

141015-4

141015-4

シャッタースピードを体感しよう

『一眼レフを買ったけど、よく分からないから使わなくなった』そんな話を耳にします。結局はコンパクトカメラが『使いやすくて便利』という結論に辿り着いてしまったようです。う〜ん、もったいないオバケが出ちゃいますよっ(>_<)

何でもそうですが、むずかしく考えることは良くありません。そもそも『一眼レフ』という名称がむずかしさを連想させるのでしょうかね。確かにボタンやダイヤルがいっぱい付いていますから、迷ってしまうのでしょう

でもね、昔から言われている通り『知らないボタンは押してはいけない』のです。爆発するかも知れませんからね(T-T)



すごく初歩的な話なのかも知れませんが、理解している方も復習だと思って聞いて下さいね。撮影をする際、まず決めなくてはならないことがあります。それは、

何を優先させるか

普段カメラを構えた時、どこまで考えているでしょうか?

  • 主役に目が行くように背景をボカしたい。
  • 手前から奥まで、ハッキリ見せたい。
  • 動きのある画にしたい。

他にもたくさんありますが、説明しきれないのでこのぐらいにします。 カメラを上から見ると、だいたいダイヤルが付いていて『P・A・T・M』と書いてあるはずです。

(B・Cとか他にもいくつかありますが、とりあえず無視)

『P』はプログラムオートという意味で、簡単に説明すると『コンデジと同じ』でシャッターを押せば、後はカメラが勝手に決めてくれるというものです。『M』はマニュアルで、TとAの合わせ技です。なのでこの2つは仲間に入れません。

ダイヤル 意味 優先事項
T シャッタースピード優先 時間
A 絞り優先 光量

表にするほどでもないのですが、カメラを支配してるのって、

この2つしかないのです

それを見てくれや名称で、

むずかしく感じているだけなのです

では実験。

  1. 目をつぶり、右手で拳を作ります。
  2. 腕を伸ばし、目線の高さで左から右へ移動させましょう。
  3. その時、正面の位置で高速で『まばたき』をしましょう。

はいっ、残像が残りましたね。

目の前に、拳の画が残っているはずです。 では同じように、

  1. 目をつぶり、右手で拳を作ります。
  2. 腕を伸ばし、目線の高さで左から右へ移動させましょう。
  3. その時、正面の位置でゆっくり『まばたき』をしましょう。

どうでしょうか? 拳は左から右へ、ビヨーンと長い残像になっているはずです。

これが『T』の正体です

141017-22

これは前者の『高速まばたき』と同様の『早いシャッタースピード』の設定で撮った写真です。砕け散る波の粒が、荒々しく表現されています。

150103-17

次に後者の『ゆっくりまばたき』と同様の『遅いシャッタースピード』の設定で撮った写真です。走っている車はブレ、止まっているバスはブレずに写っているわけです。 このように『T』シャッタースピードは、

  • 動きを止めたい。
  • 動かしたい。

という表現を優先的にコントロールできる機能なのです。有効なシーンは

  • スポーツなどの動きが速い被写体。
  • 光量がめまぐるしく変わるライブ会場。
  • 滝の水の流れの表現。
  • 鉄道写真。

などなどありますが、工夫をすればその世界観はもっと広がることでしょう。

しかし、表があれば裏があるように、どんな状況でもシャッタースピードを自由にコントロールできるとは限りません。それは対照的であり、かつ比例する『絞り』の存在があるからです。

写真にとって、最も重要なものは『光』です。光量を操ることにより、もっと多彩な表現が可能となります。 次回はその『絞り』について体感して頂きます。

ではまた、後編で(・_・)/~~

だから一眼レフは、むずしくないんだってばぁ〜(後編)





1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)