ダッチオーブンで、ローストビーフを極める

ローストビーフ

IMG_3903

ダッチオーブンの購入動機に『ローストビーフを作りたいから』という方も多いのではないでしょうか。もちろん僕も、その1人です。

一般的にローストビーフは、高級料理として位置付けられているような気がします。それに作るのが難しいというイメージもあるのかも知れません。だけど本当は、

超簡単で〜す\(^o^)/



ローストビーフ

牛もも肉 1本 フォークで穴を開ける
クレイジーバジル 適量 肉にすり込む
黒こしょう
おろしニンニク
 

それでは、調理して行きましょう。

あっ、ビールとワインは冷蔵庫へ(/∇\*)

IMG_3906

1. 『クレイジーバジル』とか『ハーブミックス』などを肉に振り掛け、塩・黒こしょう・おろしニンニク(チューブが便利)をすり込む。

IMG_3890

2. 常温で放置。適当で良いのですが、だいたい30分〜1時間ぐらいですね。

肉が冷たいと、狙い通りの加熱ができなくなってしまいます。
他の料理でも、固まり肉を使う場合は予め常温で放置してから調理しましょう。

IMG_3891IMG_3893

3. ダッチオーブンに油を引いて、肉の全面を焼付ける。

IMG_3894

4. 焼き色が付いたら、網を敷いてフタを閉めて中火で10分加熱。

IMG_3900

5. さてさて、ここがポイントです。本来ならば中心温度計を使って肉の内部の温度を測るんですけど、そんなもん持っていないでしょ?

だったら切ってみれば良いのです。ちなみ、ド真中に包丁を入れて覗いてみて下さいね。お好みの色になっていればOK!

もしダメならば、もうちょっと加熱して、次は1/4の位置で確認して下さい。どうしても切りたくない場合は、金串を中心部に刺して5秒数え、下唇の下辺りにちょんと当て人肌よりもちょっと温かければ大丈夫です。

6. 焼き上がったお肉は、アルミホイルを掛けて15分ほど休ませて下さい。いきなり切ってしまうと大事な肉汁が出て行ってしまいます(>_<)

IMG_3896

ローストビーフのタレ

玉葱 1個 みじん
ニンニク 1株 スライス
醤油 2 数字は対数で表示今回は1=30CC
2
みりん 2
酢(あればバルサミコ酢) 1
レモン汁 少々  
油(あればオリーブ油) 少々  

7. お肉を休ませている間、暇なのでタレを作りましょう。
鍋はそのまま、油を引いてニンニクを投入し、弱火でじっくり香りを出して行きます。
焦がしたら負けです。

8. 玉葱のみじん切りを投入し、辛味が抜ける程度にさっくり炒める。

9. 醤油・酒・みりんを入れ一煮立ちしたら酢を加え、ちょこっと煮る。

10. レモン汁を回し入れ、軽く混ぜたら火を止めて出来上り。

IMG_3904

ご飯に乗せて豪快に『ローストビーフ丼』も良いでしょう。オシャレにワイングラスを傾けるのも素敵。

今回のお肉はスーパーで800円程度の『アメリカンビーフ』を使用しましたが、お財布に余裕のある方は、国産の柔らかお肉をしようすると、もっと幸せを感じられるはずです。

ちなみに冷蔵庫保管が可能なので、パーティーのお供に最適ですねっ(/∇\*)

ダッチオーブンで、ローストポーク。翌日は焼豚として





6件のコメント

    1. yutaさん こんにちは

      なかなかのまいうーです\(^o^)/ やっぱりお肉は
      生寄りが最高です(/∇\*)

  1. 上手ですね。と言ってもサメではありません。牛ですね。(笑)
    ニンニクが食欲をそそります。 美味しソースね♪^^

    1. torikoさん こんばんは

      織り込み過ぎて おジョーズ過ぎて
      言葉もありません< (_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)