スタジオカメラマンから学ぶデータ保存:現場別『ダブルスロット』の活用術

ダブルスロット

171016mp0137

カメラマンとして最も気を使うのが、データ保存です。

これはもはや『慣れ』という類の感覚は要らず、常に初陣のつもりで行っています。
ただ、現場によって動き方は様々なので、効率的に使い分けなくてはなりません。

今回は保険の上に保険を掛けた保存方法と、考え方を記載致します。

続きを読む →




今しか撮れない『街撮りスナップ』を楽しむ

商店,ドラム缶

商店,ドラム缶

日本一周を何度か行い、出した答えが『日本は大体同じ風景』という結論でした。
どこへ行っても山と海と田畑で、旅人には耐え難い寂しさを含んでいます。

人が押し寄せる観光地にはあまり近付かなかったので、そういう見解になってしまったのかも知れませんが、その分裏側に目を向けて来ました。

それで気付いたのが、今しか撮れない『街撮りスナップ』の魅力です。
今回はつまらないであろう風景を、魅力的に撮影するコツをお伝えします。

続きを読む →

一眼レフ『手ブレしない設定方法』失敗できない撮影の準備

森と青空

森と青空

プロと趣味のカメラマンの決定的な違いは、撮影の成功確率です。
撮影はその日の天気や、現場の状況に大きく左右されてしまいます。
しかしプロは状況に合わせ、より有利になるよう最適な設定が出来るのです。

野球に例えれば、ホームランは時々だけど、毎回必ず塁に出れる選手でしょう。
勿論、経験も大事ですが、本当に必要なのは知識とコツです。

日頃、手ブレで悩んでいる方は必見ですよ^_^

続きを読む →

解決はありえない『肖像権』について考える

160510mp0001

160510mp0001

年々、SNSなどでのWeb肖像権については、規制が厳しくなっています。
昔は一瞬でもテレビに映れば大喜びだった人々が、現在では『訴える』と言うのですから驚きです。

そもそも一般人が、気軽に映像配信出来る時代になった訳ですから、混乱を招いても不思議ではありません。しかしこれについては不明確な部分が多く、間違った知識が飛び交っているのも事実なのです。

今回はそんな肖像権について、考えてみたいと思います。

続きを読む →

一眼レフカメラの選び方とは『カメラメーカー』を決めることだった

080813-001

080813-001

フィルムからデジタルへ時代が流れた今、写真を始めようという方も多いと思います。
デジタルはコストが掛かりませんから、趣味にも仕事にも大活躍することでしょう。

しかし、どんなカメラを選べばいいのか分からなくて、迷っているという質問を受けることがよくあるので、記事にしてみました。

今回は『一眼レフ』にスポットを当てて、考えてみたいと思います。

続きを読む →

室内でのモデル撮影で、3つの気を付けること

MiyabixPhoto,齋藤雅哉,さいとうまさや

MiyabixPhoto,齋藤雅哉,さいとうまさや

ポートレイトにも色々ありますが、屋内屋外で考え方が異なります。
今回は屋内での撮影に、スポットを当ててみたいと思います。

MiyabixPhoto,齋藤雅哉,さいとうまさや

実際は外の方が簡単という人が多いのは、照明を使わなくても十分な光量が得られるからではないでしょうか。それにストロボを使わなければ、絞りのコントロールも自由自在となります。モデルさんとの間に何もないということは、アクセスが容易になり、撮影に集中できるということになるのです。

続きを読む →

『太陽は1つ』という考え方が、写真をもっとシンプルにする

150120-6

150120-6

当り前ですが『太陽は1つ』です。そりゃ、2個も3個も昇って来たら、かなりの衝撃でしょう。しかし忙しく暮していると、そんなことすらも考えません。他にも『当り前過ぎて、考えもしないこと』というのがいくつかあると思います。

さて、屋外で撮影する際、特に気にするのは『逆光』でしょうか。それを補うために、ストロボを焚くことがあると思います。これは確立された手段であり、多くの人々がその術を知っています。

しかし屋内で行う撮影で、特に『物撮り』などは特殊と考えられている場合が多いようで『むずかしそう』とか『よく分からない』という声を耳にすることが少なくありません。

きっとそれは、テレビや雑誌などで見る多灯撮影シーンの印象が強いからではないでしょうか。しかし屋外も屋内も『太陽は1つ』と考えれば、それほど差はないのです。

続きを読む →

後悔しないピント合わせ

141016-24

141016-24

『後悔先に立たず』とはよく言ったもので、撮影後の編集作業時に、ガックリと肩を落とすことは少なくありません。失敗の内容にもよりますが、一番多いのは『ピントミス』ではないでしょうか。後からは『単純なミス』と判断しがちですが、そもそもそれが大きな間違いだったりするのです。

続きを読む →