防水防塵『JJC』カードケース:『SD&CF』メディアデータを守る

JJC,カードケース

171026mp0018

カメラマンは結果が全てですから、命よりもデータ保護を大切に考えています。

スタジオや日帰りの現場であれば特に不安はありませんが、長期の出張はかなりのプレッシャーです。以前はパソコンとHDDを持参していましたが、飛行機や電車では荷物に限界があります。そして結局は時間に追われてしまうので、現在ではメディアカードを増やすことで対応している訳です。

そこで今回は、大切なカードを守る『カードケース』を紹介致します。



カードケースの使用感

171026mp0017

コンパクトフラッシュやSDなどのメディアカードは、決して安くはありません。
一昔前は、1〜4GB程度の容量のものを高額で購入していましたが、現在現場では、使い物にならないぐらい時代遅れとなってしまいました。

高画質カメラは当然容量も必要なので、128GB以下を買おうとは思いません。
現在では4K動画が主流になりつつありますが、正直やめて欲しいと思っています。

しかし考えてみると、やはりフィルムよりは安いですよね。

こちらのカードケースの『防水防塵』という部分に惹かれました。
CFが3枚、SDが6枚収納可能です。

171026mp0016

ボディー側もカッコ良いです。

上記画像の上側に見えますが、ストラップフォルダーもあります。
ケースごと失くしたら、大惨事ですからね(((; ゚ー゚)))

171026mp0014

171026mp0015

フタはカチッと閉まり、安心感があります。

171026mp0019

カードを納める感じが、気持ち良いです。
ピタッと収まり取り外しやすい、理想的な触り心地。

個別管理よりも間違いが起こらず安心なので、不安な方にはオススメ致します。

オススメのメディアカード

メディアカードの王道といえば『SanDisk』ですが、現在ではすっかり『Lexar』に落ち着いています。理由として明確ではありませんが『信用出来そう』という程度。

以前はビックカメラで直接購入していたので、偽物を掴まされたことは無いと思いたいのですが、もはやどこにも保証はありません。

そんな中『Lexar』を選んだキッカケは、購入者限定のデータ復旧ソフトにありました。パッケージの中のID認証で使用が可能になります。

もはや、これで偽物ならば仕方ないでしょう。

あとは、実際に使った感じの書き込みスピードです。
スポーツでの連射撮影にも十分に耐えられるので、特に言うことはありませんが、もしも不満であれば、書き込み速度の速いものを選択するしかありませんよね。





2件のコメント

    1. yutaさん こんばんは^ – ^

      いやいや、さすがにフルまでは撮りません。
      ただ動画もやるので、どうしても容量は掛かります。
      何事も、まず保険です(°▽°)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)